2017年01月26日

Youngが曽我部和恭

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術がおこなわれます。



http://blog.goo.ne.jp/u9tkza5ilmcs6bhrn3r5ft_k
差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせずおこなえるのが最大の特徴であるといえます。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので結構治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。



良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言っていいでしょう。



1年近くもかけてインプラントを定着指せ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜く所以にはいきません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

間違った口内ケアでは歯をいい状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、そのままのケアを心がけてちょうだい。



歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。



加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してちょうだい。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療に結構の危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができない所以ではないためしっかりと歯科医に相談することが大事です。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。歯茎から生えていますから、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番相応しいでしょう。





Posted by ふろそきかぬ at 03:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。